学生必見!バイト税金マニュアル

学生バイトの税金優遇制度「勤労学生控除」

税金対策、大丈夫?

学生の税金対策とは?

学生バイトの税金知識とその対策を紹介するサイトです。当サイトお問い合わせ先>>【学生必見!バイト税金マニュアル お問い合わせ】

特集ページ

少し多く稼いでしまったら

130万円以下なら使える「勤労学生控除」

130万円以下なら使える「勤労学生控除」 バイトの収入が103万円以内なら所得税は非課税になりますが、学生の場合、勤労学生控除を適用すれば130万円まで所得税を非課税にすることができるという税金の優遇制度があります。では具体的な内容や控除適用の条件はどのようなものなのでしょうか。

勤労学生控除とは

勤労学生控除とは、バイトをしている学生が税法上の勤労学生と認められるようであれば適用される所得控除のことです。勤労学生控除を年収に適用するためには、定められた条件を全て満たし、各学校から証明書を発行してもらってバイト先で年末調整時に処理してもらうか、自分で確定申告をするかのどちらかが必要になります。控除額は27万円で、他の控除と一緒に差し引くことができるため、多く稼いでしまった場合にはとても助かる制度です。

勤労学生控除の条件

勤労学生控除を受けるためには、いくつかの条件をクリアしなければなりません。学生が通う学校が、学校教育法で規定する小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校、また、国、地方公共団体、学校法人等により設置されている専修学校や各種学校、その他職業訓練学校などに該当し、学生本人に給与所得などの勤労所得があるということが必要になります。一般の小、中、高、大学、専門学校以外の学校に関しては、勤労学生控除の条件にあたるかどうか各学校に確認することをおすすめします。
それ以外には、合計所得の金額が65万円以下で、勤労によるものでない所得が10万円以下であるということが条件になります。合計所得とは、年間の収入から給与所得控除の65万円を引いた状態のことなので、勤労学生控除の条件を満たすためには、年間の収入が130万円以下でなければなりません。その他の所得の10万円の部分は、動画やアフィリエイト報酬などが該当するでしょう。

勤労学生控除の計算方法

学生がバイトをして130万円の収入があった場合、所得税の計算に勤労学生控除を適用するとどうなるか考えてみましょう。130万円の給与収入から給与所得控除の65万円と勤労学生控除の27万円、基礎控除の38万円を全て差し引くと、金額は0になります。この場合、「収入」は130万円でも「所得」は0となるので、所得税は非課税ということになります。
ただ、1点注意したいのが扶養のことです。

扶養控除には関係ないので注意が必要

130万円までなら学生は非課税になるということで、そのまま満額稼いでしまうと親の扶養からは外れてしまいます。扶養の場合、適用される控除は給与所得控除65万円と基礎控除38万円のみで学生勤労控除は適用されないため、収入が103万円を超えてしまうと親の扶養からは外れてしまい親の所得税が高くなってしまいます。ただし、130万円を超えなければ社会保険の扶養は適用されます。

まずはココを押さえよう!

PAGE TOP